さけ・さかな・ねこ??
行きつけは我が家。夜な夜な開店するおやじな居酒屋!おいしくお酒が飲める簡単でおいしい肴レシピと田舎料理の覚え書き
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すじコン
すじコン

トリッパ風にトマト煮込みにしようと思って買ってきた牛スジ
急に肌寒くなった週末に、なんだか日本酒が飲みたくなって、急遽路線変更

牛スジとこんにゃくの煮込み

をつつきながらの晩酌と相成りました。
とりあえずのビールの後は、
ゴーヤ納豆、なめろう、さんが焼き、すじコン、わらびのぬた
合間にきぬかつぎ

う~ん、うちっぽいメニュー
>>続きを読む
スポンサーサイト
鶏レバーとルッコラのサラダ
鶏レバーのサラダ

なりたディナーにすっかり影響されて、お肉入りの大盛りサラダを何度か作った。
今日のは、なかなか自信作!

鶏レバーとルッコラのサラダ

ちぎったサニーレタスに、新玉ねぎとセロリのスライス(どちらかだけでも)を水にさらして搾り、レモン汁、粒マスタード、マヨネーズ
オリーブオイルで和えたのをたっぷり。(野菜の水切りはしっかりと!!)
鶏レバーとハツをそぎ切りにして、オリーブオイルで軽く炒め、塩を強めにしてから、
粒マスタードとバルサミコビネガーを同量加えてさっとからめ、玉ねぎの上にザザッとのせて、
ルッコラとトマトものせ、オリーブオイルと黒こしょうをかけて出来上がり。

熱々でも、冷やしてもOK! 砂肝でもおいしいでーす。
林檎酵母のコルヴァプースティ
林檎酵母のコルヴァプースティ

冷蔵庫で元気に出番を待つりんご酵母で、大好きなフィンランドのシナモンロール

コルヴァプースティ

を焼きました。

ドライイーストで作る時は、生地に卵や牛乳、バターも入れたリッチな配合にするんだけど
今回はシンプルに粉と酵母、砕いたカルダモンだけ
成型するときに、たっぷりめのバターとシナモンシュガーで仕上げています。
発酵中から焼いている間も、林檎の甘い香りが漂って、イーストパンにはない
楽しみ!

おいしいコーヒーを入れて、焼き立てをほおばるひととき....
たまりませ~ん!!
>>続きを読む
にこみ屋なりた
20090522004009


代々木駅すぐ近くの細い路地に隠れた名店あり
大人気過ぎて予約がなかなか取れないの~~っていうのが有名な

にこみ屋なりた

へ行ってまいりました。

予約時に「当店は飲み屋なので、お一人様ワインを1/2本以上は
お飲みいただくことになっております。」と念を押され、らくらくクリアが確実な
たのもしい友人と2人!
飲むのより、うわさのお料理のボリュームと戦えるのかが心配になりつつ。。。
いざ!!
>>続きを読む
楽子さんの筍シュウマイ
姫皮しゅうまい

毎年、筍といえば、この方を忘れるわけにはいきません。
楽子の小さなことが楽しい毎日の楽子さん
今年の筍三昧もすばらしく、見ているだけでも楽しませていただきましたが、
ここはやっぱり食べてみなくっちゃねと、楽子さんの筍三昧レシピより

筍シュウマイ

外の皮は、筍の姫皮 中身は、刻んだ筍と豚挽き肉、新玉ねぎ 
オイスターソースとにんにく醤油でちょっと濃いめの味付けにしてあります。
シャキシャキっとした姫皮に包まれたジューシィなお肉がたまらないおいしさ!!
この時期にしか味わえない、とびっきりの贅沢です。

姫皮だけの水煮を売ってくれないかしらと思うくらい、おすすめで~す!!
作り方は、こちら
楽子さん、おいしいレシピありがと~~!!
>>続きを読む
フェンネル・サワー
フェンネル・サワー

久々の酵母ネタ。
味噌仕込が落ち着いて、やっと取り掛かれる気分になったので
保存瓶を準備して、仕込んだ酵母 数本
大豆の煮汁と煮豆で大豆酵母、いつもの林檎酵母、フェンネル酵母........

生のフェンネルをかじった時、「あっ、アニスの香り」
これで酵母をおこしたら、このところ相方が欲しいと騒いでいたあぶさんに似てるかもと思いついた。
葉っぱと茎、はちみつ、水を口いっぱいまで入れて、冷蔵庫で1週間
室温に出して3日目のフェンネル酵母をウォッカで割った

フェンネル・サワー


それっぽいけど、ちょっと薄いかも.....だって。
レモンを浮かべたら、なかなか爽やかなお酒になりました。

梅酵母サワーはこちら
タケノコ・アラ・ロマーナ
タケノコ・アラ・ロマーナ

第2弾は、タケノコの先のところをアーティチョーク風に仕上げた

タケノコ・アラ・ロマーナ
(germoglio di bambu alla romana ちょっと違うかも)

ローマ風アーティチョークの味がタケノコの姫皮の味に似てるなら
その又逆もありってことだよね??
そろそろ静岡産のアーティチョークも出荷が始まる頃ですが
一足お先にアーティチョークを味わった気分♪

我が家のタケノコ祭りはまだ始まったばかり......
>>続きを読む
筍のオーブン焼き
丸焼きたけのこ


京都にはかなり遅れる我が家のタケノコ最盛期は、すぅペコリさんのおかげで
今年もやってまいりました。
今年こそは、私も収穫にお伺いしたいと思っていたのですが
残念ながらスケジュールがかなわず、おいしいとこだけいただくことに...。

届いてすぐのお楽しみは、やっぱり

丸ごとのオーブン焼き

切れ目を入れて、200℃のオーブンで1時間
焼き立てにオリーブオイルと塩を振って、ナイフとフォークでガブッと
いっちゃいまーす。
採れたてはやっぱりこれだよね。

あぁ~、今年もまた期間限定の贅沢!
思いっきり楽しみま~す!!
すぅさん、今年もありがとう!!
>>続きを読む
生姜のプリン・ドライ茄子添え
とろとろ生姜プリン・ドライナス添え

香港風牛乳プリンは、生姜と牛乳だけで固めるから、たまに失敗することも。
でもあのピリッとした生姜の風味ととろとろ感は捨てがたく、卵白の力を借りた失敗無しバージョン!

とろとろ生姜プリン・ドライナス添え

生姜にピッタリなドライナスを添えて....。


>>続きを読む
さつま
さつま汁

我が家のおかしらブームは、まだ続く
暑くなるとおいしいご飯 愛媛県は宇和島の料理

さつま(汁)

を作りました。
宮崎の冷や汁とほとんど同じだけど、鯛の身を使うのと
薬味にちんぴが入るのが特徴でしょうか?
味噌はどちらの地方も麦味噌が主流だと思います。

残念ながらみかんの皮がなかったので、今日は瀬戸内のレモンの皮
大葉、みょうがだけ、きゅうりを薬味にしました。
鯛の骨と昆布でとっただしで、味噌を溶いたうまみたっぷりなできあがり。
ご飯2膳くらいぺろっといけそうで、なかなか危険なおいしさです。


>>続きを読む
赤ミズのとろろ
赤みずとろろ

初夏の山菜の代表といえば、最近はコレかな?
冬場は、数珠玉のような実を食べていた「みず」
去年もちょうど今頃だったけど、しどけと一緒に店先に並ぶようになって来ました。
今回は、一番ポピュラーな食べ方

赤ミズとろろ

そのまま酒の肴にしたり、ご飯にのせていただきます。
爽やかな初夏の味!
>>続きを読む
里芋のアイスクリーム
里芋のアイスクリーム


八百屋の店先に並ぶ里芋が、小芋から夏っぽい大きな芋に替わってきたよう。
蒸してそのまま食べるには、ちょっと大味かな~って、こともあるので
最近は、つぶして使うレシピを色々試しています。
サラダやコロッケが多いけど、今日はデザートに!

里芋のアイスクリーム・トルコアイス風

卵が入らなくても、こってりクリーミーな食感になるので、
ベジタリアンのデザートにはよく使われているようですね~。
トルコのドンドルマほどしっかり伸びないけど、ねっとりもっちりした食感が楽しい。
辛い料理の後にピッタリのデザートです。
>>続きを読む
深夜食堂 第43夜:ちくわきゅうり
ちくわきゅうり

ちくわにキューリ突っ込んだヤツ。

あらっ、もう半分に切ればよかった......。
>>続きを読む
深夜食堂 第1夜:ウインナー炒め大盛り
タコさんウインナー

タコさんウインナー 切れ目がちょっと深すぎた....
>>続きを読む
いちご大福
いちご大福

いちご大福

こどもの日って、男の子の節句だったよな~って思いながら
柏の葉がないので、桜の塩漬けを入れて作ってみた女の子用!

切り餅に砂糖と水、桜の花の塩漬けを加えて、電子レンジで2~3分加熱。木べらでしっかり練ったら、
冷めても固くならないお餅の出来上がり。
(※切り餅 4枚 砂糖 小さじ1 桜の花の塩漬け 刻んで小さじ1 水 大さじ3)
片栗粉を敷いたバットに広げて、しばらく冷ましたら ゆであずきを煮詰めたあんこを
包む。半分に切って、いちごを差し込んだら出来上がり!
ハンダマと島豆腐のキッシュ
ハンダマと島豆腐のキッシュ

すっかり夏っぽくなってきたから、沖縄料理でも作ろうと思っていたのに
また季節が逆戻りで、肌寒い朝
いつもなら、チャンプルーと行くところですが、ビールよりワインが合う感じの一皿

ハンダマと島豆腐のキッシュ

を焼いてみました。
キッシュの皮は、いつもの油揚げでもパイシートでも、皮無しでもよかったのだけれど、オリーブオイルを使った簡単バージョン

ハンダマは、最近時々スーパーでも見かけるようになった沖縄野菜。
菊のような香りでちょっとくせがありますが、豚肉やチーズとあわせると
さっぱり食べやすくて、元気がモリモリわいてきそうなパワーのある野菜です。
塩豚との相性もバッチリですよ~♪
>>続きを読む
鯛の頭のパエリア
鯛の頭のパエリア

また買ってしまいました「鯛の頭」
今回も期待を裏切らない安さの1パック 150円

前回、鯛めしがいたく好評だったので、スペイン風の鯛めし?


鯛の頭のパエリア

で、どうだ~!!

塩を振ってグリルで焼いた鯛の頭から、身を軽く取って、残った骨と
玉ねぎ、人参、フェンネル、パセリ、ニンニク、トマトを煮込んでざるで漉したスープ
が主役!

具はなくてもよかったけど、手羽元と新玉ねぎをオリーブオイルで焼いてゴロッと入れ、
スープをたっぷり張って少し煮込んでから、米と角切りのトマトを入れてそのまま炊いただけ。
仕上げにハーブをたっぷり。
おこげもおいしい!充実鯛めし~~♪
サイドは、氷水でパリッとさせた丸ごとレタスをくし型に切って、
塩、黒胡椒、オリーブオイル、パルミジャーノをかけたサラダ
ナイフとフォークでいただきまーす。


今日もいい仕事してくれました~。鯛の頭!!
残ったスープで明日は又、クスクスにしようっと。



里芋のサラダとグリッシーニ
里芋のサラダとグリッシーニ

オカズさんのグリッシーニに、里芋のマッシュと赤カブ、生ハムを合わせたのにいたく感動して、
なんだかはまってしまった里芋とグリッシーニのコンビ!
今日は珍しく生のフェンネルが手に入ったので、葉をちょっぴり加えた

里芋のサラダ・グリッシーニ添え

ポテサラじゃなくて、タロサラ??

ふかした里芋を熱いうちにつぶして、塩、胡椒、ワインビネガーとオリーブオイルを混ぜる。
塩もみしてよく絞った新玉ねぎのスライスとちぎったフェンネル(いつもはディル)
イタリアンパセリ、ケッパーを混ぜます。
お好みでマヨネーズをちょっぴり加えたり、アンチョビを入れてもおいしい。
ワインのお供にピッタリですよ~♪
>>続きを読む
青菜たっぷりルーロー飯
ルーロー飯

うちらしくないけど、たまにはこんなのも作ってみる。
青菜たっぷりなのが、ちょっと免罪符の

ルーロー飯

ぶつ切りにした豚バラブロックと長ネギ、生姜、紹興酒、みりん、醤油、花椒、五香粉、水を
圧力鍋に入れて、圧がかかったらとろ火で30分加熱。
そのまま冷たくなるまで冷まして、上に浮いた脂を取り除きます。
再び火にかけて、醤油などで味を調えたら、ゆでたまごをからめてできあがり。
ごはんにゆでた青菜をたっぷりのせて、煮込んだお肉と卵をのせたら完成~♪

紹興酒のアテには、ご飯無しで!!
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。