さけ・さかな・ねこ??
行きつけは我が家。夜な夜な開店するおやじな居酒屋!おいしくお酒が飲める簡単でおいしい肴レシピと田舎料理の覚え書き
200902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200904
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤリイカと菜の花のフィデウア
やりいかと菜の花のフィデウア

最近、にわかに私のブログ周辺でブームになってるレシピが
ツジメシさんのパスタパエリア「フィデウア(Fideua)

以前、屋台で見かけたり、NHKのスペイン語講座で紹介されたのをみて
サフラン入りのを作ったことはあったけど、ツジメシさんのレシピは、
いわゆるパエリアの具にとらわれず、「豚バラと納豆」だったり、「オイルサーディンとキャベツ
だったり、家にあるような普通の具材を使って、
お鍋一つで、あっという間にできちゃう、めちゃめちゃカシコイレシピなのです。

ブイヨン代わりにナンプラーってとこも、とっても私好み。
今日はたまたま、「やりいかと菜の花のパスタ(よりによって、こんなピンポイントで)」をリクエストされてたので、
そのアイデアをいただき~っの

やりいかと菜の花のフィデウア


お米のパエリア同様、底にちょっぴりおこげを作るところがまたうまいっ。

レシピは、こちらを参考にさせていただきました。

ちなみに、今回の順番は、オリーブオイル、パスタ、ニンニク、タカノツメ
塩辛、ワタごと輪切りにしたヤリイカ、ナンプラー、水
で、途中、菜の花 仕上げに黒胡椒とオリーブオイルです。

次は、どんな具でつくろうかな??
レンジパスタより、気楽でおいしいですよ~!!
ツジメシさん、ありがとうございました~~。
スポンサーサイト
「酒と肴と器と vol.2」
酒と肴と器と

前回から、ずっと心待ちにしていた カモシカ・イベント

酒と肴と器と vol.2

花冷えでうっかり体調を崩し、ささやくような声しか出ない
バッドコンディションの中、キャンセルするのはあまりにもったいなくて
今回もお邪魔しちゃいました。
今度はどんな出会い(日本酒)があるのかなぁ~。わくわく。。。。
>>続きを読む
花見酒クラッカー
花見酒クラッカー

都内は、そろそろ桜の見頃も近いというのに、
とても外で花見酒なんて気分になれそうにない寒さです。
またまた冷蔵庫の酒粕ストックを引っ張りだして、
あったかい粕汁でも作りたいところだけど、
最近、楽子さんも作ってたのを思い出して、
桜の花と酒粕で、

花見酒クラッカー
と洒落てみました。

酒粕クラッカーのレシピで、塩の代わりにさっと洗って刻んだ桜の花の塩漬け
水代わりに赤ワインを使ってほんのりピンクに....
桜の花の抜き型がなかったので、
梅の花になってしまいましたが

塩味の後に、ほんのり香る桜の花
甘くない桜もなかなかいいようで.....
若竹ごはん
若竹ごはんと保存食

今年もまたやってきた、この季節
初物の筍を実家からもらってきたので、なにはさておき 我が家の味!


若竹ごはん

と常備菜(大根ずし、ほうれん草とニラのお浸し、大根のビール漬け)でごはん。
今日は筍と一緒に焼いた油揚げ入り
だしやわかめの香りに負けない、旬のたけのこの香り
やっぱり、春はいいなぁ~~。
にしんそば
にしんそば

大根ずし」を作るために買った身欠きにしん
小さめの木箱に入っていたけど、大根ずしに使っても
まだまだ残ってる。

北海道の鰊漬けもいいし、昆布巻きもおいしいな~。
何に使おうかと迷っていたけど、暮れの予行演習ということもあるし
食わず嫌いで意外と食べたことがなかった

にしんそば

を作ってみました。
佃煮のように煮付けたようなにしんが、濃くて生臭いようなイメージで
敬遠していたのに、な~んだおいしいんだ にしんそば
戻して麹に漬けた時は、かずのこと同じような香りがして
やっぱりかずのこは、にしんの子なんだな~って、変に感心しちゃったけど、
ほうじ茶で下煮してから、醤油とみりんで柔らかく煮込んだにしんは
全くの別物。
臭みもなくて、じわ~っとうまみがでてくる。
なるほど、これなら蕎麦に合うのかも。

気が早すぎるけど、今年の暮れには身欠きにしんをいっぱい買いこんで
大根ずしとにしん蕎麦
がんばろ~っと。

※暮れまでにはレシピアップ予定
香菜油餅
香菜油餅

粉と水、中に入れる葱だけでできてしまう、中国のシンプルなおやつ「葱油餅」

実家に住んでいる頃、中国から来た留学生が、日本に来てから卵と豚肉のアレルギーに
なってしまったと聞いて、時々おやつに作ってあげていたなつかしい味です。
カンタンで、かなりボリュームがあるので、時々思い出しては作っていたのですが、
ふと思いついて、葱の代わりに香菜を入れた

パクチー狂のjunkoさんへ捧ぐ
パクチー油餅

にすっかりはまっちゃいました。
熱々に酢醤油と辛子をつけて食べるのがいい感じ
ちょっと小腹がすいた時のおやつに、
またビールのお供にもなかなか。

>>続きを読む
蜆のしょうゆ漬け
蜆の醤油漬け

おいしいお酒のアテの条件を考えてみると
・酒の味の邪魔をしない
・おなかがいっぱいになり過ぎないボリューム
・ちょっとずつ食べられて長持ちすること

このブログで紹介してるのは、そんなメニューが多いんだけど
最近、条件にピッタリだなーっと思って気に入ってるのが、
台湾料理でおなじみの

蜆の醤油漬け


本場の屋台料理では、シジミがほとんど生の状態で漬けられている事が
多いみたいだけど、生食できるのかどうかは自信がないので
しっかり貝が開くまで加熱してから、紹興酒とニンニクが利いた漬け汁に漬け込んでいます。
紹興酒はもちろん、日本酒のアテにぴったりですよ~。

のんびり、ちびちびお楽しみください~。
>>続きを読む
なめぜえ
なめぜえ


子供の頃からとっても好きで、いつか全巻集めたいという野望が消えない
農文協 聞き書 日本の食生活全集

今も時々図書館で借りては楽しんでおりますが、
今回借りてきたのは、新潟編

それというのも、以前雑誌で見かけた佐渡の方の郷土料理「なめぜえ」が
なんだかとっても気になっていたからでした。


味噌作りのときに出る豆の煮汁(味噌あめという)をとっておいて、
その中で、こんぶ、塩漬けなす、大根、それに味噌用に煮た大豆も少し入れて
こんぶが溶けるようにやわらかくなるまで煮て、味噌で味を整える。少し冷えてから
米こうじを少し足してやるとなおうまくなる。
豆の煮汁とこんぶのうまみを利用したもので、かめに入れておき、熱い飯の上にのせたり、
焼きもちにつけたりして食べる。
 ----- 【農文協 聞き書 新潟の食事】より --------


味噌を作ったときの副産物として、昔は作られていたようですが、
今では作る家も少なくなっているとか...。
先日、我家でも味噌を作ったので、そのときの大豆の煮汁を使って
作ってみたのがコレ。
茄子は、塩漬けを貯蔵しておいたのを使うのが本来の姿だと思うのですが、
塩もみしただけのものを、後から混ぜ込んでみました。
>>続きを読む
塩豚の雲白肉
塩豚の雲白肉

塩豚の雲白肉

薄く切った豚バラ肉がたなびく雲のようだから「雲白肉」というらしい
白肉は、ゆでた豚肉のことなんだとか。

しゃぶしゃぶ用の薄切り肉を湯がいて使えば簡単だけど、
固まり肉を茹でて、薄く切った方がしっとりしておいしいのでおすすめ。
今日は、塩豚をゆっくりゆでて作ってみました。
たれに五香粉をちょっぴり入れるだけで、一気に中華度がアップする感じ。
ゆでたもやしや青菜などにかけてもおいしいので
たっぷり作って使ってみてくださいね~。
>>続きを読む
春眠暁を覚えず
春眠暁を覚えず

お願い!あと、5分だけ....。
味噌作り 2009
大豆が熱いうちにすりこぎでつぶす

桜の開花宣言も出てしまったのだけれど、まだまだやり残してる冬仕事
今年も何とかできました。

味噌作り 2009

去年の玄米味噌は、なかなかよい出来だったけど、できれば
普段使いしやすいノーマルなお味噌が作りたいと思って、今年は
米麹と玄米麹の2種類を仕込んでみることに、
出来上がりも楽しみだけど、作っている途中の豆の香りもいつものお楽しみ!
今年はどんな仕上がりになることでしょうか.....。
>>続きを読む
ニシンの大根ずし
にしんの大根ずし

本当は、暮れに作っておきたかったのだけれど、あっという間に
暖かくなってきてしまいました。
やっとのことで手に入れたみがきニシンと米麹で、
ずっと作ってみたかった北陸の郷土料理

大根ずし

に挑戦!

ぶりとかぶらで作る「かぶら寿司」は有名だけど、コレは
みがきニシンと大根が主役!
今年の暮れにはまた上手くできるように
とりあえずの覚書です。

にしんのだしと麹で、甘みとうまみがたっぷりの大根が
ごはんのおかずにはもちろん、日本酒のアテにたまりませ~ん。
>>続きを読む
ふきのひすい煮
ふきのひすい煮


ふきのひすい煮


万作さんのお通しに感動して、早速帰り道に蕗を買い込み、
だしを引いて、薄口醤油とみりんで煮含めてみました。
あぁ~。どうして、あんなふうにひすいのように色よく仕上がらないのか.....
課題はたくさん残ったけど、しっかりだしをとって、丁寧に煮たふき
ほろ苦くしゃきしゃきして、まさに春の味だなぁ。


上手に煮られるようになるまで、勉強しようと思います。
茹でて、塩とオリーブオイルなんてのは、この際考えず....
>>続きを読む
万作
四ツ谷万作

鬼平犯科帳ファンではないんだけど、池波正太郎さんの料理の描写や
エッセイを読むのが昔から好きで、気付いたら「鬼平の料理」を
つい追いかけるようになってました。

最近、古本屋で出会った一冊の鬼平料理本
料理研究家の本ではなく、実際にあるお店の店主が料理を担当された本でした。

「白魚と浅葱の小鍋」、「カタクリと薄揚げの和え物」、「蜆と芹の胡麻和え」
四季折々の日本の食材を使った”鬼平好み”の料理の数々
これは、や、やばい(なんていう貧相なつぶやきしかできなかったワタクシ)
作ってみるより、先に食べてみなくてはと探したお店は、

四ツ谷の隠れ家

万作


弥生3月の”旨いもん”は「さくら海老と生しらす」。
そんな看板をぶら下げられたら、いてもたってもいられません。
うららかな春の日の夜、自分へのご褒美に、ちょっと出かけてまいりました。
しっかり寝て、お酒も抜いて、コンディションは万全だ~!
わくわく.....
>>続きを読む
スモーク秋刀魚とブロッコリーのペペロンチーノ
秋刀魚のスモークとブロッコリーのペペロンチーノ

スモーク秋刀魚とブロッコリーのペペロンチーノ

しばらくアップしていなかったので、パスタ続きだけど
燻製ブームの最後は、ちょっと本格的っぽい魚の燻製!
秋刀魚のスモークでペペロンチーノを作りました。
(今なら鰆や初鰹って時期なんだけど、冷凍秋刀魚でごめんなさ~い。でも
おいしいのよん。)


軽く塩を振って、風にさらした秋刀魚をブナや桜のチップでちょっとだけスモーク
レモンを絞って、そのままおつまみにもおいしいけど、
ニンニクを利かせたパスタに入れると、燻製の香りと秋刀魚の脂が
さらに調和して、絶妙なバランス。
冷凍秋刀魚も、高級イタリアンに変身~!な一品です。

>>続きを読む
ばっけ味噌と豆乳のパスタ
ばっけ味噌と豆乳のパスタ

春らしい暖かい日が続いたと思ったら、急に寒くなったり
天気は毎日気まぐれな感じだけど、桜の開花予想も出てきたりして
確実に季節は移り変わってる。

忘れないうちに楽しんでおきたい、早春の味、ほろ苦いふきのとうで

ばっけ味噌と豆乳のパスタ

を作りました。
ばっけというのは、秋田地方でのふきのとうの呼び方。
ちょうど秋田産のふきのとうだったから、ばっけ味噌と呼んでみました。

おにぎりに塗って、焼きおにぎりにしたり、
そのまま日本酒のアテにするのもおいしいけど、
豆乳でのばして、パスタのソースにしても、そのほろ苦さと香りはしっかり楽しめます。

>>続きを読む
くんたま
くんたま

ふだん、ラーメン屋に行ったりしないから、
こんなのめったに食べないんだけど、作れたらちょっとおもしろいかも

とろ~っと半熟の

燻製卵

ラーメンの具にするのはもちろん、ビールや紹興酒のおともに!!
たまには、こんなお遊びもいかが??


>>続きを読む
罪悪感の少ないおやつ?ノンオイルのバナナマフィン
ノンシュガー・ノンオイル・ノンエッグのバナナマフィン

会社にいる時間もこう長いとだんだんおなかがすいてくる。
小腹がすいたとき、最近の会社には「オフィス・グリコ」
(通称:置きぐりこ 1個100円くらいのおやつが専用棚や冷蔵庫に陳列されてて、
買いたい人は備え付けの料金箱にお金を入れる。
富山の薬売り(?)みたいに時々補充されてるやつ。)

なんてのがあるから、ついつい甘いお菓子の誘惑に負けそうになるけど、
そこはぐっとこらえて
最近は、ノンシュガー、ノンオイル、ノンエッグでちょっとだけ罪悪感の少ないおやつ、

バナナマフィン

を持参することにしています。
地味さは否めないけど、意外にちゃんと甘くて
非常に腹持ちがいいので、朝食用にもおすすめ~!!
お弁当を作るついでにチャチャッと焼けちゃいますよ。
>>続きを読む
雪どけ鍋
雪解け鍋



冷凍庫の片隅にひっそりと眠っていたもらいものの瓶詰めの塩ウニ
どうやって食べようかいまいち思いつかなくて、
一度作ってみたかった「雲丹醤」にチャレンジ!

卵は黄身しか使わないので、残った白身はどうしよう?
とりあえずの冷凍でもよかったのですが、この冬 流行っていたらしい「メレンゲ鍋」に
してみることに。
雪が溶けかかってるところみたいだから、題して

雪どけ鍋

鶏がらベースのスープに豆乳を加えて、具は、豚肉、新玉ねぎ、小松菜、せり、にんじん、もやし
等、冷蔵庫のありあわせで......

桃の節句だというのに、はからずも外は雪の降る夜となりました。
>>続きを読む
100円おつまみ
居酒屋燻製

アウトドアで燻製を作る!
それって、男性にはちょっとドキドキするような憧れのイベントなんだとか。
うちの相方も多分にもれず、そんな野望を持っていたとは。。。。。(さっき知った)
別に大げさに構えなくても、ちょっとした燻製なら、キッチンでも出来るよって
我家は今にわかの燻製ブーム!

うちの定番100円おつまみ ギョニソとプロセスチーズとかまぼこ
番茶ときび砂糖で15分ほどスモークしてあります。

とたんに、ビールのおつまみってよりは、茶色い濃厚なお酒に合うお味に!
(いくらかグレードアップした感じかしら??)
>>続きを読む
青大豆で豆スナック
まめスナック

頂き物の青大豆 いつものようにひたし豆を作るついでに、
少しだけ柔らかくゆでておいたのをつぶして、サクサクの

まめスナック

を作ってみました。
たぶん、豆スナックが販売され始めたくらいの時期に
料理雑誌に載っていたのを書きとめてあったレシピ。(何年前だっけ??)

コンビニで、100円で買える味だけど、手作りするのもなんだか楽しくて
豆の香りもたっぷりでおいしいです。
ついつい手が止まらなくて、あっというまに完食でした(あ~あ)
>>続きを読む
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。